2012年12月17日

奧野宣之さんの本6

奥野 宣之さん
新書3冊でできる「自分の考え」のつくり方 (青春新書PLAY BOOKS)
一言で言って、
みなと同じことはしません。
@何を言いたいかです。
A本当に読みたい本を読みなさい。
B読書は新書のみに絞ります。
C1日で3冊読みたいです。長くても数日。
Dインプットの逆張り。
EAmazonで新書を検索します。
F新書も軽薄になりました。
Gフォーマットが決まっていると、速読できます。
H新書を読んで、頭で考えます。
I1冊目はロングセラー、2冊目は最近の本、3冊目は遊び、つまり優しい本です。
J新書1冊、3時間。それを、3冊、喫茶店で2−3時間で読んでしまいます。
K拾い読みです。
L著者の年表を作ります。
M自分の考えを作るには、3日くらいかけます。
N発行から3年経ち、品切れしていない新書を探します。
O新書マップ。
P岩波ジュニア新書はおすすめです。

改訂版ですね。
posted by 解放された読書人 at 00:47| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月16日

大野芳さんの本

大野芳さん
宮中某重大事件 (学研M文庫)
一言で言って、
こんなことで?
@明治の次は、大正、天興、興化でした。
A乃木大将から昭和天皇へ。山鹿素行「中朝事実」、三宅観瀾「中興鑑言」
B明治政府を作った臣下が亡くなったあと、昭和天皇がリーダーシップととるために帝王学は必要と乃木大将は考えました。

単に、久邇宮さんが、辞退すればよかっただけのこと。ここまで、国を揺さぶるとは。日本国民として、恥ずかしく思います。

posted by 解放された読書人 at 21:25| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

本田直之さんの本

本田直之さん


ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと
一言で言って、
デュアルワーク。
@モバイルボヘミアン。
Aもはや、右肩上がりではありません。
B時代の変化は、チャンスです。
Cポジティブディモーション。
D複業の時代。
E両方やらず、何か一つします。
F会社はいきなり辞めません。
Gベーシックインカムは必要です。
H仕事はひとつではありません。
10よく仕組みのできた会社で働いて、成績を残しても、意味ありません。
11人を雇いません。
12利益優先ではいけません。
13仕事と遊びの垣根をなくします。
14PCは、MacBook Pro。それと、MacBook Air。
15ガラケー禁止。
16フリック入力。
17ノマドライフは、儲けるノウハウではありません。
18affordable location、地方にいながら、都心の仕事をします。可処分所得。
19アメックスは、秘書機能と医療費が良いです。
20移動により、アイディアが生まれます。
21安易に人に聞きません。

自分の生き方と全く違います。非常に心に響きました。


ラベル:ノマド
posted by 解放された読書人 at 22:52| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする